【TOEIC】スコア表の分析方法知ってる?それだけで弱点がわかるんです【数ヶ月でTOEIC400点UP大学院生の勉強法】

Pocket

どうもこんにちは、長野です。

今日は「TOEICのテストから自分の弱点を把握する方法」

話しの内容はTOEICのスコア表の見方についてです。

で、ちょっとすいません。

まずは謝罪から入ります。

これは基本中の基本だと思って
動画にしてませんでした。

というのは、スコア表ってTOEIC受験者なら
絶対に誰でも確認するものじゃないですか。

でも、意外とこれの見方って
多くの人に知られてないなって気づいたんですよね。

でも、これって意外と大事で。

これがわからないと何回TOEICを受けても、
テスト結果を次に活かすことが
できなくなってしまう

んですよね。

そして、過去の自分もそうでした。

どれだけお金を払ってテストを受けても、
帰ってきた点数を見て一喜一憂してそれで終わり

みたいなことになってしまう可能性すらあります。

テスト勉強だけでは点数は上がらない

実は、テストのための準備については
これまでも結構動画を出してきました。

とくに、
元々英語ができない状態からでも、

具体的にどういう分野に力を入れて
学習を進めていけばいいのか。

ということについては他の動画で詳しく解説しているので
まだ見てないよって言う人は是非見ておいて下さい。

英語の勉強をしてなかったら
いくら頑張っても本番で点数を取ることはできませんからね。

一応、この動画の中では大枠として

・単語
・文法
・問題演習

っていうセクションに分けて勉強を進めていく。

そして問題演習では

・知識の確認
・知識の定着
・知識運用の練習

を繰り返すことによってTOEICの点数を上げていく
ということを紹介しています。

ただ、今回の動画では更にその先。

実際にテストを受けたあと。

どうやってテスト結果を活用すればいいか?
って言うことについて解説していきます。

知識をつければ失敗を回避できる

これが分かれば、

テスト本番でどのパートで点数が取れていなかったか

ひと目で理解できるようになります。

更にこれを少し応用すると、

次のテストまでに何をすれば良いのか、
何に集中して勉強を進めていけば良いのか、

勉強の計画を簡単に立てられるようになります。

本当に簡単な知識を持っているだけで
これができるようになるので
ぜひ最後まで見ていってほしいと思います。

で、自分の弱点が把握できたら
それをどうやって勉強すれば克服できるのかも
他の動画の中で紹介しています

なので、今のうちにチャンネル登録して
見逃さないようにすれば
「勉強したつもりなのに全然点数が伸びない」

みたいな大失敗をする確率は限りなく少なくなるはずです。

それぞれの詳しい勉強方法についてはこっちで解説しています。

学習の全体像はこちら

文法の学習方法はこちら

単語の学習方法はこちら

スコア表の分析方法

はい。というわけで本題。

TOEICのスコア表の分析方法を解説していきます。

もう少し具体的に言うとアビメの見方を解説していきます。

で、いきなり言われて
「アビメって何?」
って思った人もいると思うので簡単に解説します。

アビメっていうのはスコア表のこの部分ですね。

(画像はTOEIC公式サイト様より)

自分が受験者全体に対してどれくらいの
成績を取っているかをパーセンテージにして
表示してくれている部分です。

で、アビメの分析ってしたことありますか?

これってめちゃくちゃ大切なんですけど、
この表示のなんとなく字が小さいところとかと相まって
結構ちゃんと見ていない人って多いです

みんな見方を知らない

というのは、これ自体結構分かりづらい表現になっています。

例えば、リーディングセクションの一番上
「文章の中の情報をもとに推測できる」
って書かれています。

「いやいやいや、そんな事言われましても…」
みたいに絶対に思ったことある人いますよね。

「これを普通にパートごとの評価にしてくれー」
って僕もいつも考えてました。

実はパートに対応している

なんですけど、これって実は各パートの内容に対応してます。

完全にパートごとに1対1対応なわけではないんですけど
おおよそ自分がどこを間違えたのか把握することができます。

リスニングセクションの場合は上から

part 1&2
part 3&4
part 1&2
part 3&4
part 1&2&4

リーディングセクションでは

part 7
part 7
part 6&7
part 5&6&7
part 5&6

に対応しています。

こうしたパートごとの弱点を知る指標になるので
ずっと自分の弱点が把握しやすくなると思います。

対応関係の根拠は?

で、最後にここまで動画を見てくれた人に限定の補足情報。

僕はいまこうやってさらっと解説しましたけど、
どういう根拠でパートの対応関係が
決まっているのか疑問に思った人も居ますよね。

これについてちゃんと根拠が書いてある
ブログとかって少なくて探すのに苦労しました。

で、根拠なんですけどこれは
金のフレーズの著者でもあるTEX加藤先生
公開されているブログに

「TOEIC公開テスト正解数換算表」

というものがあります。

これを使うと、どのパートで何問間違えたのか?
ということが分かるんですね。
※この仕組に気づくのはまじですごい

それとアビメの対応関係をみることによって
パートとアビメの成績の関係が分かる
というわけです。

まとめ

以上です。どうだったでしょうか?

今日はTOEICスコア表のアビメの見方
について解説をしてきました。

これでテストを受けたあと、
どういう部分が自分の弱点だったのか。
を把握して学習を進めていけると思います。

でも、弱点が分かっても
自分の苦手な部分をどうやって
改善していった良いのかわからない。

そう思っている人もいると思います。

でも、基本的なことが分かったら
あとは自分に足りない知識を補完しながら
演習を繰り返していくだけ。

そして演習で使う問題集も、使う方法も、使うタイミングも、
全部動画にしているので、
もうこのチャンネルの動画でTOEIC対策はだいたい完結します。

TOEIC関連記事まとめはこちら

なので、TOEICの点数を効率的に上げたい!
っていう人はチャンネル登録をお願いします。

そして、さらに応用的な考え方や
「頭を良くする思考法」、
youtubeではしないようなディープな話題
無料のメルマガで公開しているので、
下の概要欄から興味のある人は登録お願いします。

一緒に頭を良くしていきましょう。

それでは、どうもありがとうございました。

センター英語6割から数ヶ月でTOEIC800点を取るには?

僕は元々、英語がほとんどできませんでした。
センター試験英語も一浪して6割。別に手を抜いたわけではありません。

「もう、英語なんてできないよ…」
本気でそう思ってしまう程、英語力がありませんでしたし、時間をかけても僕の英語力が伸びることはありませんでした。

ですが、大学に入って英語学習を再開してからは、たった5ヶ月でTOEIC800点を達成することができました。
そして英語から距離をおいた今でも、単語の知識さえあれば大抵の英文は読むことができます。

なぜ、そんな状態から短期間で英語学習で成果を出すことができたのか。
それは「勉強方法の勉強」をしたからです。

だから、これまでにどれだけ苦労してきたかもわからない英語でも、数ヶ月で成果を出すことができました。

昔の自分がみても、昔の友人がみても
「何があったのか?」
と疑問に思うレベルです。

ですが、正直なところ、これはやり方さえ間違えなければ誰にもできることだな。と思いました。

実際、僕はこのTOEICの点数を出したときにも、1日2時間ほどの勉強しかしていませんし、僕が英語学習の指導をしてきた方も似たような成果を出してきています

メールマガジンではそうした英語学習に関するノウハウや思考法を紹介しています。

長野公式メールマガジンを無料で受け取りに行く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする